ドクター

乳癌の転移を防ぐ為の最新治療|女性特有の病気を治す方法

早期発見に努めよう

医者

転移がんは、肝臓に移動しやすいとされています。また、肝臓のがんは症状が現れにくいため、注意が必要です。転移がんは、初めは、がんの周りにあるリンパ節に転移します。その後、離れた場所のリンパ節へも転移します。さらに進行すると、他の臓器にまでも転移を始めます。

もっと読む

こんな病気です

病院

食道がんは初期の際には自覚症状が全くないので見つかりにくい病気です。しかし自覚症状が現れた時には進行してしまっていることが多いため、まめに検査を受けましょう。また飲酒や喫煙を控えたり、肥満にならないように食生活を改善したり適度な運動をして予防することも大切です。

もっと読む

癌の最新治療法

バスト

選択肢に入れるべき

乳癌の恐ろしさの1つに、転移があります。乳癌は癌の中でも転移しやすい癌であり、乳癌を発症した時点で、すでに転移があるとまで言われています。従って、仮に手術で原発巣を取り除いたとしても予断を許さない状況であり、それ故に通常、癌の治療成績は5年生存率で計算されますが、乳癌は10年生存率で計算されることになっています。また、通常、癌の標準療法は手術、放射線治療、抗癌剤治療の3つですが、乳癌の場合は、それらに加えて、ホルモン療法や分子量的療法等も標準療法として行われています。しかし、そういった体制で臨んでも、転移癌に対応することは非常に難しいことです。但し、免疫療法であれば、期待が持てます。従って、免疫療法は、まだ新しい治療法ですが、治療計画を立てる際、標準療法と同様に治療の選択肢の1つにしておくべきだと言えます。

期待される効果

どうして免疫療法が転移癌に対して期待が持てるのかというと、免疫療法は全身の癌細胞に効力を示す治療法だからです。免疫療法とは、免疫力を高めて癌に対抗するという治療法です。人間の体内には癌細胞を攻撃する免疫細胞が存在していますから、このことは可能なのです。そして、癌細胞を攻撃する免疫細胞は、全身いたるところにある癌細胞、すべてに攻撃を仕掛けますから、転移癌にも効果があるのです。また、免疫療法には患者の体に大きな負担がかからないという特徴もあります。それは、治療での苦しみが少ないということになるのですが、同時に、他の治療法との併用を容易にもさせています。実際、免疫療法を標準療法と併用することは有意義であり、併用することで標準療法の効果を高めることが期待できます。

強い痛みがある

ドクター

腸閉塞は、腹部に強い痛みを感じる症状が現れます。特にお腹の下の部分が痛みます。虫垂炎の場合は下腹部の右下に痛みを感じます。腸閉塞は、腸管がふさがれた状態です。腸の内容物が通過できないだけでなく、血行障害もみられる場合には、手術が必要です。

もっと読む