早期発見に努めよう|乳癌の転移を防ぐ為の最新治療|女性特有の病気を治す方法
看護師

乳癌の転移を防ぐ為の最新治療|女性特有の病気を治す方法

早期発見に努めよう

医者

肝臓に移動しやすいです

転移がんの中でも転移性肝がんは、肝がんのおよそ75パーセントを占めるとされています。この転移性肝がんは、他の臓器や組織のがんが肝臓に転移したことによりがんになったものをいいます。肝臓に転移しやすいがんは、大腸がん、胆のうがん、胃がん、胆管がん、すい臓がん、肺がん、卵巣がん、乳がんなどがあります。これらのがんを患っている場合には、転移がんとして肝臓に転移する恐れがあることを頭に入れておきます。転移性肝がんのがんが小さいときは、特に症状が現れないため、注意が必要です。症状がないため、早期発見には工夫が必要です。例えば、普段から体重を測るようにします。がんが進行すると体重が減少するためです。少しでも早い段階で発見できるメリットがあります。

離れた場所へも移動します

転移がんの特徴は、離れた場所に移動することです。体の中でできたがんが、血液やリンパ液などを介して、初めにできたがんとは違う場所へと移動します。そして、その場所でもがんが発育し、増殖を始めます。転移がんは、早期がんの段階で手術をしていれば、ほぼ完治するといわれています。次のステージである進行がんになると、がんが体の内部まで浸透して、転移しやすくなります。がんの周囲にあるリンパ節に転移するのはこの段階とされています。さらに、末期がんになると、離れた場所にあるリンパ節に転移したり、他の臓器にも転移を始めるようになります。がんは、早めに発見することで、がんの転移を防ぐことができます。定期健診で早期発見に努めるようにします。