強い痛みがある|乳癌の転移を防ぐ為の最新治療|女性特有の病気を治す方法
看護師

乳癌の転移を防ぐ為の最新治療|女性特有の病気を治す方法

強い痛みがある

ドクター

下腹部痛の症状が現れます

お腹の下のほうが痛くなる病気には、腸閉塞があります。腸閉塞は、強い腹痛や嘔吐、吐き気などの症状がみられます。また、便やおならが出なくなるという症状も現れます。同じように、下腹部に強い痛みを感じる病気に虫垂炎が挙げられます。虫垂炎は、吐き気の症状もあります。ただし、腸閉塞と違うことは、下腹部でも右下が痛くなることです。また、虫垂炎は暴飲暴食や便秘、かぜなどがきっかけとなって発症することが多いといわれています。下腹部に痛みを感じたときに、このような心当たりがあれば、虫垂炎の可能性も考えられます。さらに、大腸憩室症、過敏性腸症候群、メッケル憩室炎、大腸がん、下痢症、潰瘍性大腸炎なども下腹部痛の症状が現れます。

腸がふさがれた状態です

腸閉塞とは、腸管が閉じられてふさがれた状態になってしまう病気です。食べたものはもちろん、消化液やガスなども通過することができなくなります。そして、腸が閉塞するだけではなく、拡張したり、ねじれたりするため、非常に強い痛みが生じます。腸閉塞は、状態によって治療方法を変える工夫が必要です。手術をせずに改善する場合もあり、手術を回避できれば、早期に回復するメリットがあります。腸の内容物が通過できない状態であっても、血行には問題がない場合には、まず腸管の内容物を吸入する治療を行います。食べたり飲んだりといったことを一切やめて、腸管内の物を吸い出します。血行障害をともなう腸閉塞の場合には、すぐに手術をする必要があります。